It's all about social # | ハッシュタグを制する者がInstagramを制す!Instagram「ハッシュタグ」のすべて
hashtags, hashtag, instagram, twitter, facebook
21835
post-template-default,single,single-post,postid-21835,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.4,menu-animation-underline-bottom,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12.1,vc_responsive
 

ハッシュタグを制する者がInstagramを制す!Instagram「ハッシュタグ」のすべて

ハッシュタグを制する者がInstagramを制す!Instagram「ハッシュタグ」のすべて

ハッシュタグ(#)とは?

Instagramを見ていると、コメント部に「#」から始まる言葉を羅列している投稿を見かけませんか?この「#」から始まる言葉を「ハッシュタグ」といいます。

投稿に対する「ラベル」のようなもので、自身の投稿がどのようなものか分類するのに使われています。Instagramだけでなく、TwitterやFacebookなど多くのSNSに実装されている機能ですが、Instagramでは特にこのハッシュタグを使っての投稿が盛んに行われており、一種の文化として定着しています。

Instagramでは「#」をつけて投稿すると、自動的にハッシュタグとして認識され、同じハッシュタグを使った投稿の一覧へリンクされます。

 

なぜハッシュタグ(#)を付けたほうがいいの?

投稿やアカウントを発見してもらうために

InstagramはTwitterやFacebookとは違い、文字ではなく写真が投稿のメインになるSNSです。そのため、情報を検索するのが難しいのです。

その問題を解消してくれるのがハッシュタグです。写真に関係する言葉や「なんの写真なのか?」を説明するような言葉をハッシュタグとしてつけることで、投稿がラベリングされ、検索しやすくなります。ハッシュタグによって、情報を発信する人と探す人を結びつけられるのです。

また最近では若い世代を中心に、Instagramのハッシュタグを検索し、旅行先の情報を得たり(例:「#京都」&「#よるごはん」で旅先のグルメ情報を得る)、お店の情報を得たり(例:「#新宿」&「#カフェ」、「#海鮮丼」などでお店を探す)といった使い方もされています。

Instagramを週1回以上利用している10代~40代の女性ユーザー208名を対象にサイバー・バズが行った調査によると、「Instagramにおいてハッシュタグ検索をしますか」という質問に対して、全体の61.5%が「検索する」と回答しました。10代が71.2%、20代においては82.7%が検索をするということで若年層の検索利用率の高さが顕著であることがわかります。

 

READ MORE:

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.